Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神流湖廃墟】いつまでもこのままでいて欲しい矢納水力発電所跡パートⅠ

2103年 3月

周辺が、そのまま昭和もしくは大正明治時代さえ感じることのできる「神流湖
心霊スポットとしても名高いこの湖ですが、古き良き時代の日本を感じさせてくれる場所でもあります。
そのひとつで、今はもう完全な廃墟となってしまった「矢納水力発電所」を今回ご紹介します。

私は本来、心霊スポットなどと呼ばれる所よりもこうした廃墟などのほうが好きで、どう表現したら良いのでしょうか、いい歳しながらもワクワク?ゾクゾク?みたいな感覚になってしまいます。

この発電所は1914年に建造されたものらしく、その造りはホントその当時っぽい造りになってます。
この発電所が現役だった頃は、いろんな人がこの水力発電所でいろんな思いで働いていたんだろうな~と思うと切なくなったりもしますね。 私たちの生活の部分にある今現在の建物も何かあって100年後くらいに廃墟になったりした時、またそこのに訪れた後世の人たちは、そんなこと考えながら探索するのかな~などと考えつつ施設内を回りました。


ここは、廃墟や心霊スポットなどでよくある心無い者どもの”落書き”などもなく、ほんとに廃墟としてのアート?としてはほんとすばらしい建物だと思います。 どこかがちゃんと管理して、入場料を取っても良いんじゃないかとも思いますね。

【物悲しい】神流湖にある某廃屋~今でも住み続ける家主・・・?

2013年 12月

埼玉県にあるこれまた有名な心霊スポット神流湖
心霊スポットサイトには「心霊スポットのデパート」なんて書いてありましたが、その名の通り湖の周辺はそういった箇所が多くあります。 なにがあったのかはわかりませんが、突然、住民たちがこの界隈の土地を捨ててしまったかのように、廃神社廃墟廃屋などが他のスポットよりもかなり多い気がします。

そんな心霊スポットの宝庫?の神流湖の近くにある某廃屋・・・
心無い者による落書きや破壊などで荒らされることなく、自然のまま朽ちてきている廃屋です。 ですので、やっぱり詳細な場所は控えたいと思います。 

その廃屋内を撮影した動画にまたも、謎の音を拾ってしまいました・・・


実はここは以前も訪れたことがあり、前回は屋内に存在する、ある”扉”が勝手に閉まるということがありました。この扉自体はなにか重石でも置かないと勝手にしまってしまう仕組みになのです。 でも閉まってしまうくらいですから、その時は当然重石は置いてなかったのになぜ開いていたのか。 また、なんで勝手に閉まったのかはまったくわかりませんが、T隊長と血の気が引いたことは言うまではありません(>_<)

この動画の説明に入ります。ちょっと動画では聞こえづらいかもしれませんが、現場ではハッキリ聞こえました。
音量を上げてお聞きいただくか、イヤホンをしてお聞きいただくのをおススメします。
8分57秒あたりに家屋の奥のほうから「う~~~」という中年以上の男性の声が聞こえ、気のせいかと思うようにしてそのまま居続けていたその後、10分12秒あたりで、家屋の奥のほうからなにか物を畳の上に落とすような物音がしました。

ビビリな私含め一行は、もうこれ以上廃屋内に居続けてはマズイと本能で感じ取り、廃屋をあとにしました。
やっぱり、出て行けという警告だったのでしょうか。

都内では、大抵の廃屋や廃墟はすぐに更地としてまた建物を作り売りにだしてしまいますが、ここ神流湖付近は廃墟なども自然の摂理と共に朽ち果てていく様がまた物悲しさを感じざるを得ませんね。

【神流湖】埼玉県~再び来訪、心霊スポットの宝庫?パートⅡ~

2012年 11月

前回の記事の続きなのですが、次なる目的地、神流湖と言えばここと言って良いくらい有名な「新井さん宅」へと到着致しました。場所は明かしませんが、場所がなかなかわからず、探しているうちにすっかり朝が明けてしまいました。

その敷地に入る途中草むらに、大量のカツラ?馬のシッポみたいなのが散乱してたのは、いったいなんだったのでしょう・・・
そんなところを通り、現物の建物にたどり着くともうすっかり骨組みとわずかな壁のみになっており、いつ自然に倒壊してもおかしくないような「新井さん宅」が見えてきました。

明るいせいもあるのか、もうほとんど骨組みのみの新井さん宅は、怖いといった感じはまったくなく、現役当時はここでどんな生活をされていたんだろうと思いをはせてしまいました。
ところが、動画だけでなく写真も同時に撮影していたのですが、またしても不思議なことが起こってしまいました。
なんと、過去の記事で、夜間に神流湖の某小さな橋を写真撮影していた時を同じように、またシャッターが下りなくなってしまいました・・・

この現象はなんなんでしょう。私はカメラのことはそんなには詳しくないのでわかりませんが、やっぱりほんとたまたま偶然に、そのタイミングでカメラが不調になっただけなのか、それとも何かの意思が「写真を撮るな!」と言うことで、シャッターが下りなくなってしまうのか・・・ そんれは、いっくら考えたってわかることではないのですが、この後、自宅に帰って再び試しにシャッターを押したら普通に撮影できました・・・(@_@) ただ、それまでに新井さん宅を撮ったデータはすべて消えてしまってました。

とくに何があるって言う動画ではないのですが、そのシャッターが下りなくなってしまった時を撮影した動画です。ご覧下さい。
[広告] VPS

神流湖は、ほんといろんなことが起きますね(@_@) ただ、これがいわゆる心霊現象なのかはちょっとわかりませんが・・・

【神流湖】埼玉県~再び来訪、心霊スポットの宝庫?パートⅠ~

2012年 11月

再び、広大な湖「神流湖」へと来訪致しました。ここは、ほんと大きい湖です。 また、ほとんど管理されてないような神社や廃屋などもところどころにあったりと、まるで昭和の時代に取り残されたような場所です。 私はこういう場所がほんと大好きです。 なんていいましょうか、素の自分と言うか、人間に戻った?・・・そんな感覚をおぼえてしまいます。

今回の記事では、神流湖の周辺をグルっと回ってみての所々を書きます。
下久保ダム』~ウィキぺディアより

やっぱり広大な神流湖に相応しい大きなダムとなります。ただ、なんなんでしょう、他のダム(と言ってもダム巡りをして、他のダムを沢山知ってるわけではないのですが(>_<))に比べるとなんか物悲しい雰囲気が漂います。 
ただ、この下久保ダムへと通じるトンネル、これはほんと見事な感じのトンネルでありました!! 言ったことがある人はわかると思いますが、もう、頭の中で昔の映画、スピルバーグのインディージョーンズ(若い方は知らないかと思います(>_<))と言う映画のテーマソングが脳内で流れて来ます。 まさに、目前から巨大な岩が転がってきそうな雰囲気です(笑)

そんな、トンネルを経て下久保ダム周辺にたどり着いたわけですが、なんとも悲しい”慰霊碑”と遭遇してしまいました。
最初は、何か小さい公園かなとも思いました。
kannako-7.jpg

公園とおぼしき広場に入っていくと、そこには”慰霊碑”がありました。
kannako-8.jpg
このダムを建設する際に亡くなられた方々のための慰霊碑だそうです。
なんとも、なんとも悲しいですね。 この下久保ダムに限らないですが、世の栄華や繁栄のための裏舞台では、えてして悲しみのストーリーが存在してしまう・・・。 建設を指示する側は、無傷&社会的地位が高い。 当たり前のことなのですがやるせないですね。 ましてや「そんなことは知ったこっちゃねーよ、水はフツーに飲めれば関係ねーよ」なんて輩がもしいると思うと心折れます。 やっぱり心霊などより人間のほうが恐ろしい・・・
この下久保ダムの作業員の方々のために、水の恩恵にあずかれる感謝と共に、ご冥福をお祈りしたいと思います。

私たちは、次なる目的地、有名な「新井さんち」に向かいます。

【神流湖】パートⅢ ある意味、凄い広範囲に渡り霊的な意味を持ちそうなスポット

2012年 4月

いろいろ、初訪問から不可思議なことがあった「神流湖」。 T隊長と私は次なる場所を目指して車を走らせました。
正確に言うと、ある程度、回る場所は決めていたのですが、その場所への行き方がわからない状態で、模索しながら走っていました。 そんなこんなしているうちにもう夜があけてきてしまいました。 ある地点から、湖の辺にいける場所があったので降りて行ってみました。(またまたピンボケ写真ですみません(^^ゞ)
kannako-5.jpg
湖の周りを夜中走ることで大きい湖だな~とは感じていましたが、明るくなって改めて見てみると、その広大さに再び驚きました。湖のことはあまり知りませんが、この湖は大きさで言うと関東ではかなり上位のほうにランク付けできる広さではないでしょうか。雲が山より低い位置にあって、凄い幻想的な風景でした。こういう美しい風景を見ると都会で起こってる、なんていいましょうか、イザコザや、争いや、強欲な世界、そう言ったものが凄くチンケに感じてきますね。

その湖を後にし、しばらく走ってふと道端を覗くと、もう完全に人が住んでいる形跡がまったくなさそうな廃屋を発見しました。もちろん、現在もどなたかの所有物である可能性も高いので、場所は絶対明かしませんが、私たちは初めて”廃屋”に潜入を試みてしまいました。中はこんな感じです。
kannako-6.jpg
"廃屋"というものに初めて入りましたが、いろんな意味での怖さはもちろんありましたが、一番の湧き出た感情と言えば「悲しさ」「せつなさ」です。 ここが現役の家として機能してた頃のことを想像すると、ここに住んでた家族が、泣いたり、笑ったりいろいろなドラマがあったんだろうなと思い、なんか無性にせつなさがこみ上げてきますね。この廃屋に一言「お疲れ様でした」と言いたくなってきます。 

出来ることなら、なぜ、ここに住んでた人が家財道具などもほとんど放置したまま出手いってしまったのか知りたいところですが、推測するには、ここに住んでいた家族の子供は、この場所を後にして上京し、残された親御さんが高齢のためか何かで亡くなられてしまい、この家を継ぐ者がおらず、解体するにもお金がかかるので、放置せざるを得なかった・・・そんな勝手な憶測をしてしましした。 置いてあったレコードやステレオから推測すると、住んでた子供たち?は私より5~9年くらい上の世代ではないかと思われました。 

レコードなどはきちんと元あった位置に戻し、物悲しさを残しつつも廃屋を後にし、次なる場所を目指しました。

Appendix

プロフィール

occhansinrei

Author:occhansinrei
いくつになっても、興味あること、面白いことはとことん追求したい"アダルトチルドレン"な中年おっちゃんです(T_T)/~~~ そんなおっちゃんが人類の永遠のテーマ「死」や「死後の存在」の確認の一環としてまず「心霊スポット探索」などを決行してみたブログです。 もし本当に存在するなら、人生観が一変します!っていうか一変させたいです!

ビビリカウンター

ユーザータグ

埼玉 廃墟 心霊動画 神流湖 映像 心霊 心霊スポット 動画 廃屋 殺人 廃トンネル 観光スポット 廃神社 秩父湖吊り橋 東金市 神奈川 潜入 探索 閲覧注意 神川町 ラップ音 山の神トンネル 心霊映像 矢納水力発電所 恐怖の現場 オーラ 活魚 茂原市 稲川淳二 神隠し 自殺 不思議動画 ビビリ 廃線 自殺の名所 昭和 悲話 謎の声 奥多摩湖ロープウェイ 下久保ダム 雰囲気 慰霊碑 秩父湖 恐怖動画 インディジョーンズ 不可思議現象 もう一つの吊り橋 中年 古いレコード 湖の辺 ガラケー 連射 心霊現象 嫌な雰囲気 視聴注意  家財道具 シャドーマン 北条氏 御主殿  戦争 豊臣軍 合戦 自己責任 国道411号 花魁淵 八王子城跡 戦闘 小峰トンネル ロリコン 黒い人影 青梅 あの世 オタク 白い煙 心霊スポット探索 新井さん邸 連続幼女誘拐殺人事件 関東 譲原小学校 キャンプ場の霊 定点カメラ 作業服の霊 自然現象 LEDライト 怪奇音 おやじ 厚木市 宜保タカ子  灌漑用貯水池 厚木 作業服の男の霊 簡易トイレ 池田貴族 肝試し  山梨 富士山 富士の樹海 明治 大正 かわの駅側 電力 パワーストーン 早朝散歩 お盆 有名心霊スポット 怖い話 史跡 私有地 指定公園  心霊ツアー 鎌北湖 秩父 上州おにし 毛呂山町  駐車場 男性の霊 道の駅 廃校 いわくつき シャッターおりない 群馬県 藤岡市 新聞 鬼石町 不法侵入 紅葉 廃ホテル 心霊写真 油井グランドホテル いけす料理 雄蛇ヶ池 とんねるず 千葉 テレビ 千葉県 父子 七里殺人の森 親殺し 惨殺 死体遺棄現場 いわく カメラ 

アクセスランキング

心霊スポットじゃないかと思われるところをぜひご紹介下さい~(>_<)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。