Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奥多摩湖ロープウェイ・かわの駅編】~古き良き時代の歴史的な文化遺産としてもらいたい~

2101年 12月

今回は、以前、ご紹介させて頂いた奥多摩湖ロープウェイ「三頭山(みとうさん)駅」の対岸側の「かわの駅」側の動画をご紹介させて頂きます。
このロープウェイは1962年に開業された民営のロープウェイで現在の「三頭橋」が開通するまでは、栄華をほこっていたらしいのですが、わずか数年後に橋の開通により、経営上の問題で運営を断念せざるを得なかったというロープウェイです。
なんとも、人は利便性に弱い生き物なのでしょう・・・(>_<) まあ、仕方がないと言ってしまえばそれまでなのですが。



現場では昭和40年代の新聞が落ちてまして、それをまじまじと見入ってしまいましたが、こういったものを見るとその時代は生まれていなかったにも関わらず「懐かしいな~」といった気持ちになります。 もしかして、やっぱり前世とかってあるのでしょうか。

今どきは、何か建物などが使われなくなるとスグ解体して更地にし、新しく建物を建設し金儲けする・・・そんなのが当たり前となってしまいましたが、なにか間違った方向へと世の中進んじゃってるんじゃーないでしょうかね~。 ”無駄なもの”って意外と必要だったっりするのかもしれません。

このロープウェイも、危険なほど老朽化するまではこのままの状態で残って欲しいと思います。

【物悲しい】神流湖にある某廃屋~今でも住み続ける家主・・・?

2013年 12月

埼玉県にあるこれまた有名な心霊スポット神流湖
心霊スポットサイトには「心霊スポットのデパート」なんて書いてありましたが、その名の通り湖の周辺はそういった箇所が多くあります。 なにがあったのかはわかりませんが、突然、住民たちがこの界隈の土地を捨ててしまったかのように、廃神社廃墟廃屋などが他のスポットよりもかなり多い気がします。

そんな心霊スポットの宝庫?の神流湖の近くにある某廃屋・・・
心無い者による落書きや破壊などで荒らされることなく、自然のまま朽ちてきている廃屋です。 ですので、やっぱり詳細な場所は控えたいと思います。 

その廃屋内を撮影した動画にまたも、謎の音を拾ってしまいました・・・


実はここは以前も訪れたことがあり、前回は屋内に存在する、ある”扉”が勝手に閉まるということがありました。この扉自体はなにか重石でも置かないと勝手にしまってしまう仕組みになのです。 でも閉まってしまうくらいですから、その時は当然重石は置いてなかったのになぜ開いていたのか。 また、なんで勝手に閉まったのかはまったくわかりませんが、T隊長と血の気が引いたことは言うまではありません(>_<)

この動画の説明に入ります。ちょっと動画では聞こえづらいかもしれませんが、現場ではハッキリ聞こえました。
音量を上げてお聞きいただくか、イヤホンをしてお聞きいただくのをおススメします。
8分57秒あたりに家屋の奥のほうから「う~~~」という中年以上の男性の声が聞こえ、気のせいかと思うようにしてそのまま居続けていたその後、10分12秒あたりで、家屋の奥のほうからなにか物を畳の上に落とすような物音がしました。

ビビリな私含め一行は、もうこれ以上廃屋内に居続けてはマズイと本能で感じ取り、廃屋をあとにしました。
やっぱり、出て行けという警告だったのでしょうか。

都内では、大抵の廃屋や廃墟はすぐに更地としてまた建物を作り売りにだしてしまいますが、ここ神流湖付近は廃墟なども自然の摂理と共に朽ち果てていく様がまた物悲しさを感じざるを得ませんね。

【活魚】パートⅠ実際に悲惨な殺人死体遺棄事件などがあった廃ホテル【油井グランドホテル】

2012年 12月

今回は、千葉県の東金市にある通称「活魚」に行ってまいりました。
ここは、TVなどでも紹介されるほどの超をつけても良いくらいの有名心霊スポット・・・、否、心霊スポットというより殺人事件現場ですね。
正式名称「油井グランドホテル」

酷すぎる事件です。あの世の世界とかの架空の話ではなく、まさに現世に生きてる鬼畜です!
Yourpedia様より
私たちも、言ってみれば「面白半分」で行った(そんな目的ではもちろんないですが)と言われても、まったく言葉の返しようがないですが、でも、こういうまったくの私利私欲だけの目的で殺害されてしまった事件を今後のためにも風化させてしまわないためにも、取り上げさせていただきたいと思うところです。 様々な目的でこの場所を訪れる人たちは多いと思いますが、それさえもなければ、時間の経過とともに完全にこの事件に関しても風化してしまうことになってしまうと思います。
ただ、暴れたり、物を壊したり落書きしたりなんて言語道断ですが。

動画ではビビリまくってますが、やっぱり怖いのは「霊」とか、「不思議な現象」とかより「人間」ですね。


動画には出ておりませんが、現地に到着し、最初は場所がわからなかったのですが、真っ暗な森のほうを良く見ると何か建物がうっすらと見え「活魚」の文字がありました。 もうほんとに何が出てもおかしくないと言った感じの雰囲気に、「えっ、ここに今から入ることになるのか・・・」ともう怖気ついてしまいました。

【七里殺人の森】埼玉県さいたま市-子供による父親殺しの現場?

2012年 11月

埼玉県さいたま市の某所にある「七里殺人の森」。
またずいぶんと物騒なネーミングでありますが、その由来としましては・・・
この森の中に、とある一軒家があり、何が原因かはわかりませんが、その一軒家に住む父子が事件の当事者となってしまったようです。
ある日、父子が口論となり、子供がこともあろうに父親を鎌で殺害してしまい、子供のほうも直後に狂い死に(もしくは自殺という説もあります。)してしまったそうです。なんとも、悲しい事件であります。

ただ、本当にあった話しなら大変申し訳ないのですが、もうこの事件の展開を見ただけで、心霊スポットと言われる場所のイワクにありがちな「あ~、またいつものアレか・・・」という感じがしちゃいますね(>_<)
だいたい、そんな事件があったらテレビにも出ても良いくらいですが、中年の私でも過去にそう言ったのをテレビなどのマスコミで見たことも聞いたこともありません。 もちろんマスコミに取り上げられない事件なども沢山あるかと思いますが、こと心霊スポットに関しては、なぜか、「イワク」が多すぎますね(笑)

そんな感じで、探索する前からイワクについて疑心暗鬼にかられながらも、場所的には住んでるところからそう遠くないと言うことで行ってみました。
その時の映像をご覧下さい。


この日は早朝の探索となりました。森自体の規模が小さいために、探索はすぐ終わってしまいました。
やっぱりという感はぬぐえませんでしたが、その悲惨な殺人があったであろう家屋などもなく、それどころか形跡さえなかったです(>_<) こんな小さな森に、その惨殺があった家屋一軒だけあったというのもなかなか考えにくいような場所です。

し、しかも・・・ 森の中にはちょっとしたキャンプ場が(@_@;) もしそのイワクが本当なら、そんな場所でキャンプ場なんて開くでしょうか!!誰がキャンプしたいなんて思うでしょうか!! ましてや、それを知らずにキャンプに来た人たちは心霊現象とかなかったんでしょうか・・・ あったとしたら、キャンプ場としては今も成り立っていないでしょうが・・・ 

「あ~、なんか、心霊スポットのイワクによくあるアレだったかな・・・」的な感じでさいたま市【七里殺人の森】を後にしました。
ただ、動画にもあるようになぜか、もうほとんど訪れる人も居なく管理もされてないような”お稲荷利さん”があったのは怖かったです。奉られてる狐の陶器製の像?が果たしてなんの意味があってここに奉られてるのかが不思議でした。
もしかしたら、何か別の意味があるのでしょうか・・・

【奥多摩湖ロープウェイ】東京~廃止されてしまったロープウェイ

先にご紹介させていただいた「花魁淵」からそこまでは離れてはいない場所に存在する廃墟というより廃線?の「奥多摩湖ロープウェイ」。 1975年あたりに、湖をわたる橋が架けられて利用する人々が激減し運営困難となり廃止になったロープウェイだそうです。 人間って、流行や、いろんな意味で効率が良いこと、利便性が良いことなどなどにすぐ目が行ってしまい、それまで利用していたものや事への愛着など微塵もなくなってしまうのでしょうか。人ってなんて無情なんでしょう・・・

私がその世代に生きていて、湖を上空から見下ろせるロープウェイがあったら絶対に行くたびに乗ります! ロープウェイからの景色だったらその分山々も間近に見えるだろうし、湖畔の上を通るなんてスリリングでもあっただろうなと現地で実感したくらいです。 廃業となってしまったのは何か他の理由があるのでしょうか・・・
ちなみに、まだ昭和という元号の頃毎週のごとくバイクで通っていた場所にこのような先人の”遺産”?”遺品”?が存在してたとはまったくしりませんでした。ネット社会がなかったら知ることが良いか悪いかは別として、知ることもなかったでしょう。

1.jpg
ゴンドラです。 子供たちも凄く意識してかひらがなの駅名の看板もありました。 営業当時はたくさんの無垢な笑みを浮かべた老若男女の方々たちを運んでいたんだろうなと想像すると、物凄くせつなくなります・・・  ロープウェイさん、お疲れ様でした!!

IMG_0193.jpg
別角度から

2.jpg
ロープウェイ乗り場施設内です。(ガラケーの上ぶれてしまって画像が荒いですがご容赦下さい) 案内版の字や、機械などすべてが昭和な感じがまた物悲しさを誘いました。

3.jpg
当時「ガラケー」な上にビビッてブレてしまってるのをご容赦下さい(T_T)
少し手直しすればまだまだ稼動しそうな感じの状態ではありました。

【動画編・解説】
「奥多摩湖ロープウェイ」に始めて遭遇した場面からの動画です。もう、ビビリまくっててお恥ずかしいのですが、53秒あたりで、明らかに私達二人の声質とは違う、何か咳き込んでるように聞こえますが、驚きの声にも、悲鳴にも聞こえるようなそんな音声が入ってます。私的にはどちらかと言うと女性、しかも中年以上の女性の越えのように声的には感じます・・・


ここも詳しい場所は記しません。もうすぐ近くには、週末になると車やバイクで観光ツーリングで賑わうところでありまして、まさかこんなところから入るとは普通思わないので、まずは分からないと思います。

ここは、”心霊スポット”と言うよりも何か考えさせられる(史跡)と言っても過言ではないと思います。 
こういう所でよくあるのが、卑猥な落書きだったり、あり得ない破壊跡だったりしますが、なにかそんなことをして楽しいのでしょうか。こんな人里離れた誰もいないところで物を壊して暴れたり、変な落書きして自己表現するならもっともっと違う意味でヤバいところでやっていただきたいですね、度胸あるなら。 やっぱりこういうところを見ると、霊とかそういうものはないんですかね。

Appendix

プロフィール

occhansinrei

Author:occhansinrei
いくつになっても、興味あること、面白いことはとことん追求したい"アダルトチルドレン"な中年おっちゃんです(T_T)/~~~ そんなおっちゃんが人類の永遠のテーマ「死」や「死後の存在」の確認の一環としてまず「心霊スポット探索」などを決行してみたブログです。 もし本当に存在するなら、人生観が一変します!っていうか一変させたいです!

ビビリカウンター

ユーザータグ

埼玉 廃墟 心霊動画 神流湖 映像 心霊 心霊スポット 動画 廃屋 殺人 廃トンネル 観光スポット 廃神社 秩父湖吊り橋 東金市 神奈川 潜入 探索 閲覧注意 神川町 ラップ音 山の神トンネル 心霊映像 矢納水力発電所 恐怖の現場 オーラ 活魚 茂原市 稲川淳二 神隠し 自殺 不思議動画 ビビリ 廃線 自殺の名所 昭和 悲話 謎の声 奥多摩湖ロープウェイ 下久保ダム 雰囲気 慰霊碑 秩父湖 恐怖動画 インディジョーンズ 不可思議現象 もう一つの吊り橋 中年 古いレコード 湖の辺 ガラケー 連射 心霊現象 嫌な雰囲気 視聴注意  家財道具 シャドーマン 北条氏 御主殿  戦争 豊臣軍 合戦 自己責任 国道411号 花魁淵 八王子城跡 戦闘 小峰トンネル ロリコン 黒い人影 青梅 あの世 オタク 白い煙 心霊スポット探索 新井さん邸 連続幼女誘拐殺人事件 関東 譲原小学校 キャンプ場の霊 定点カメラ 作業服の霊 自然現象 LEDライト 怪奇音 おやじ 厚木市 宜保タカ子  灌漑用貯水池 厚木 作業服の男の霊 簡易トイレ 池田貴族 肝試し  山梨 富士山 富士の樹海 明治 大正 かわの駅側 電力 パワーストーン 早朝散歩 お盆 有名心霊スポット 怖い話 史跡 私有地 指定公園  心霊ツアー 鎌北湖 秩父 上州おにし 毛呂山町  駐車場 男性の霊 道の駅 廃校 いわくつき シャッターおりない 群馬県 藤岡市 新聞 鬼石町 不法侵入 紅葉 廃ホテル 心霊写真 油井グランドホテル いけす料理 雄蛇ヶ池 とんねるず 千葉 テレビ 千葉県 父子 七里殺人の森 親殺し 惨殺 死体遺棄現場 いわく カメラ 

アクセスランキング

心霊スポットじゃないかと思われるところをぜひご紹介下さい~(>_<)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。